中性脂肪を減らす効果のあるサプリで手軽に体質改善!

中性脂肪でお悩みの方に耳寄り情報をお届けします

中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ!
おすすめの中性脂肪対策サプリメントをピックアップ!
きなり

きなり

1980円(初回特別価格)

DHA&EPA+セサミンEX

DHA&EPA+
セサミン
EX

4950円

極上クリル

極上
クリル

5400円

中性脂肪に働きかけるサプリメントを徹底リサーチ!

中性脂肪でお困りの方に試してもらいたいサプリメントを厳選紹介

一般的に、脂肪や糖分、コレステロールの多い食生活で増えてしまった中性脂肪を基準値内に抑えるには、「食生活の改善」や「適度な運動」が効果的だと言われていますが、日常生活で手間暇かけずに、簡単に中性脂肪値を下げる方法があれば、それがいちばん良いですよね。
そこでオススメしたいのが、中性脂肪を減らして基準値に抑える効果があるサプリメントを取り入れることです。数多く発売されているサプリメントのなかから、人気の商品を厳選。
各商品の配合成分とその働き、価格、口コミ評判で比較して、ランキングにまとめました!

中性脂肪を減らす効果が期待される成分とは?

中性脂肪を減らすサプリメントには、さまざまな成分が含まれています。でも、それぞれの成分にどのような効果があるかをご存じでしょうか?

より効率よく中性脂肪を減らすには、効果のある成分が配合されているサプリメントを取る必要があります。具体的に、どんな成分がどのように中性脂肪へ働きかけるのかを知ったうえで、自分に合ったサプリメントを選びましょう。

現在市販されているサプリメントに含まれている代表的な成分とその効果についてまとめました。中性脂肪が気になる方は、ぜひチェックしてくださいね!

中性脂肪の基準値

中性脂肪とは、血液中に含まれる中性脂肪値のこと。健康診断や人間ドックの際に行われる血液検査の結果から確認できます。検査結果の項目名には「中性脂肪」や「TG(トリグリセリド/トリグリセライド)」と表記されていて、この数値で自分が正常値なのか異常値なのかを判断できるのです。

正常と判断される基準値は、30~149mg/dl。

150mg/dlからは異常値として経過観察が必要となり、250mg/dl以上は精密検査または治療が必要になってきます。

中性脂肪を下げるサプリメントの選びかた

中性脂肪を下げるためのサプリメントを選ぶなら、やはり中性脂肪に直接働きかける成分を含んでいるものがオススメ。

なかでも注目したい成分は、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)です。どちらも青魚にたくさん含まれている成分で、中性脂肪を減らす以外にも血液の流れを良くしたり、動脈硬化を予防したりとさまざまな効果が期待できます。

このDHAとEPAをふんだんに配合したサプリメントを選ぶことが、中性脂肪を下げるためのコツといっても過言ではありません。

中性脂肪を減らす効果があるとされる主な成分

DHA・EPA クリルオイル ナットウキナーゼ

中性脂肪の代謝やエネルギーへの変換を促す作用があるほか、血液をサラサラにして血栓をつくりにくくする作用も。脳梗塞や動脈硬化の予防も期待されます。

DHA・EPA

天然の油脂素材で、魚油よりもカラダへの吸収率が良いDHAやEPAが含まれます。魚油よりも酸化されにくく、各成分の働きをより効率的に促す作用があります。

クリルオイル

納豆から抽出され精製することができる酵素で、血液をサラサラにする作用と血栓を分解する作用があり、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも期待されています。

ナットウキナーゼ
ポリフェノール βコングリシニン Lカルチニン αリノレン酸

一部のポリフェノールには、血中に中性脂肪を含ませないようにする作用や脂肪燃焼にかかわる酵素を活性化させる作用があります。

ポリフェノール

最近になって研究が進んでいる成分で、中性脂肪を吸収させず体外に排させる作用や、中性脂肪を生み出す酵素の活動を抑える作用などが期待されます。

βコングリシニン

脂質を代謝させる効果があるアミノ酸の一種。中性脂肪が分解してできる遊離脂肪酸と結びついて、細胞の活動させるエネルギーとなって燃焼されます。

Lカルチニン

中性脂肪を下げる効果に優れた脂肪酸。EPAの原料となって体内で合成する働きがあるほか、悪玉コレステロールを抑え作用も期待されています。

αリノレン酸

中性脂肪を下げる成分が入っているサプリメントリスト

中性脂肪を下げる成分が入ったサプリメントを厳選してみました。サプリメントによって含有している成分が違いますので、特徴をそれぞれ見てみましょう。
また、価格や配合成分の豊富さなどで比較したランキングもあるので、ご参考にしていただければと思います。

中性脂肪を抑える成分の入った
サプリメントランキング

きなりきなり

主な含有成分:
クリルオイル、DHA、EPA、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6
特徴:
モニター調査での満足度は96.3%。注目の有効成分クリルオイルは、吸収率の高いリン脂質型のDHAやEPAを多く含み、中性脂肪の抑制や悪玉コレステロールの改善などにも高い効果が期待されています。

ナットウキナーゼ
&DHA&EPAナットウキナーゼ&DHA&EPA

主な含有成分:
ナットウキナーゼ、DHA、EPA、ケルセチン
特徴:
中性脂肪がつくった血栓を分解する作用を持つ「ナットウキナーゼ」が主成分で、血液がサラサラになると口コミでも話題のサプリメントです。1粒当たりのナットウキナーゼ含有量は2000FU。

DHA&EPA
+セサミンEXDHA&EPA+セサミンEX

主な含有成分:
DHA、EPA、セサミン、オリザプラス、ビタミンE
特徴:
肝臓で合成される中性脂肪の抑制、肝臓から血液に流れ出る中性脂肪の分泌を抑えるDHAとEPAが主成分。酸化しやすいDHAとEPAを守ってくれるセサミンが配合され、二つの成分が本来の力を存分に発揮する手助けをします。

やずやの
青魚の知恵やずやの青魚の知恵

主な含有成分:
DHA、EPA、カルシウム
特徴:
カタクチイワシを発酵させて作られる、ベトナムの伝統的な調味料「ヌックマム」を採用したサプリメント。栄養成分がしっかり溶け込んだ魚醤・ヌックマムは、ベトナムで暮らす人たちの健康の源ともいわれているそう。

極上クリル極上クリル

主な含有成分:
クリルオイル、DHA 、EPA
特徴:
「クリルオイル」の力で中性脂肪の抑制や生活習慣病の予防、脳の活性化などにも効果が期待できるとして、口コミでも評判のサプリメント。クリルオイルは余分な中性脂肪をエネルギーに変換して消費を促してくれます。

DHA&EPA
+ビタミンDDHA&EPA+ビタミンD

主な含有成分:
DHA、EPA、αリノレン酸、ビタミンD
特徴:
味の素が手掛ける健康サプリメント。優良企業発ということで信頼が厚く、口コミでの評価も高い商品です。商品名にもなっているDHAとEPAはともに中性脂肪の抑制や、肝臓から血液に流れ出る中性脂肪を抑える効果が期待されている成分。

日清ファルマ
「EPA+DHA」日清ファルマ「EPA+DHA」

主な含有成分:
EPA、DHA
特徴:
その名の通りEPAとDHAを主成分としたサプリメンですト。余分な脂肪酸含有割合の低い青魚の魚油を原料としたEPAとDHAが採用されているのが特徴。EPAには、中性脂肪を下げ、その数値を維持する働きがあります。

賢者の食卓
ダブルサポート賢者の食卓ダブルサポート

主な含有成分:
難消化性デキストリン
特徴:
粉末を水やお茶などの飲み物に溶かして飲む特定保健用健康食品(トクホ)。食物繊維の力で中性脂肪軽減にアプローチした商品です。主成分の「難消化性デキストリン」がその食物繊維。糖分や脂肪の吸収を抑え、血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。

イチョウリーフイチョウリーフ

主な含有成分:
イチョウ葉エキス、DHA
特徴:
体内の循環を活発化し、不要な中性脂肪をエネルギーとして燃焼させる「イチョウ葉エキス」を用いたサプリメント。イチョウ葉エキスは、集中力の向上や物忘れの予防にも期待ができる成分として近年注目を集めています。

メタバリアスリムメタバリアスリム

主な含有成分:
サラシア、難消化性デキストリン、赤ワインポリフェノール、カテキン、クロム酵母
特徴:
構成成分の種類の多さが特徴的なサプリメントです。そのひとつが「サラシア」。糖の吸収をブロックすることで知られる天然成分で、蓄積した中性脂肪を減少させる効果にも期待が集まっています。

ベータミオベータミオ

主な含有成分:
βコングリシニン
特徴:
大豆から抽出した「βコングリシニン」が主成分の特定保健用食品(トクホ)。βコングリシニンは肝臓に蓄えられた中性脂肪のエネルギー変換を促し、同時に中性脂肪の吸収を抑える作用があるとして注目されています。

肝パワーEプラス肝パワーEプラス

主な含有成分:
タウリン、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6
特徴:
肝臓の細胞修復を目的としている漢方サプリメント。お酒が好きな方や高血圧に悩んでいる方から好評なようです。注目すべきは天然成分で構成されている点。長野産にんにく、広島産牡蠣、紀州産南高梅などから亜鉛やタウリンを抽出してします。

ナップルGDナップルGD

主な含有成分:
グロビン蛋白分解物
特徴:
食べたものの消化やエネルギーへの変換を助ける栄養補助食品です。食事の際に一緒に摂ることで中性脂肪や高脂血症の予防効果が期待できるとされています。その理由は「グロビン蛋白分解物」というタンパク質。

イマークSイマークS

主な含有成分:
EPA、DHA
特徴:
水産加工食品で有名なニッスイが手掛ける特定保健用商品(トクホ)の健康ドリンク。1本あたりに含まれるEPAは600mgで日本人が1日に必要とする摂取量の8割に相当。4~12週間、同商品を継続して飲み続けて血中の中性脂肪値が平均で約20%下がったという検証結果があります(ニッスイ調べ)。

サラシア生活サラシア生活

主な含有成分:
サラシノール
特徴:
メタボ解消が期待できるとして、中高年層を中心に人気があるサプリメントです。中性脂肪へのアプローチ方法は、主成分である「サラシノール」。小腸でオリゴ糖がブドウ糖に分解されるのを抑制し、糖の吸収も抑えます。
 

これだけサプリメントがあると、結局どれにすればいいのか分からなくなってしまいます。よろしければ、ランキングを参考にしてください。

中性脂肪を抑える成分の入った
サプリメントランキング

高い中性脂肪が引き起こす症状や病気

そもそも中性脂肪はエネルギー源として健康を維持していくために必要な物質ではあります。 少しぐらい中性脂肪が増えたからといっても、自覚症状はほとんどありませんが、日常生活における不摂生や運動不足によって中性脂肪が増え過ぎると、様々な病気や悪い症状の原因となってしまうのです。

悪玉コレステロールの増加

中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減り、増加した悪玉コレステロールの活動は活発になり、血管にへばり付いて血液の流れを妨げます。血管の詰まりは動脈硬化や心疾患を引き起こす可能性があります。

血糖値の上昇

中性脂肪が増加するとインスリンの働きを阻害し、そのため血糖値が上がってしまい糖尿病を引き起こす可能性が高まります。血糖値が高い状態は中性脂肪も増えやすく、更なる悪循環につながります。

深刻な病気

中性脂肪の増加は糖尿病だけではなく、脂肪肝や肝硬変、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞といった深刻な病気を引き起こす可能性が高まります。中性脂肪値の上昇には早い段階から気を付けておきましょう。

 
 
ページの先頭へ
中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ!

Copyright (C) 2015 中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ! All Rights Reserved.