中性脂肪でお悩みの方に耳寄り情報をお届けします

きなり

きなり

1980円(初回特別価格)

DHA&EPA+セサミンEX

DHA&EPA+
セサミン
EX

4950円

極上クリル

極上
クリル

5400円

食生活の改善

中性脂肪の値を下げる方法のひとつに、食事内容の改善があります。どんな食生活を送れば中性脂肪の減少につながるのでしょうか。中性脂肪を減らす効果がある食べ物、逆に増やしてしまう食べ物についてもあわせて紹介します。

中性脂肪値を下げる食生活とは?

中性脂肪を減らすには、規則正しい食生活を続けることが一つのポイントとなります。

1日3食規則正しくとる、間食を避けて、夜遅くに食事をとらない、腹八分目を心がけるといった、体に良いと言われている当たり前のことを心がけることが第一。要は不規則な食生活や、食べ過ぎを避けることです。

食べ過ぎてしまう原因のひとつに、よく噛んで食べていないことがあります。よく噛むことで満腹中枢を刺激し、少量でも満腹感を得ることができます。早く食べ終えてしまう傾向がある人も要注意です。

また、アルコールやたばこも中性脂肪を増やす一因になります。日本酒なら1合、ビールならビン1本、ウイスキーならダブルを1杯程度の適量を守りましょう。喫煙は動脈硬化を促し、血中の中性脂肪を下げられなくしますので、禁煙またはタバコの本数を減らす努力を。

中性脂肪値を下げる食品とは

肉料理や揚げ物などの多い食生活を送っていると、中性脂肪がどんどん増えていきます。また、ご飯やパンなどの炭水化物、砂糖や菓子など糖分を多く含んだ料理も中性脂肪を増やす一因です。

こうした食生活を送っている方は、野菜や魚、大豆、食物繊維を多く含む食品を意識して摂ることも、中性脂肪値を下げる効果があります。

具体的な食品として、昆布、たまねぎ、きのこ類、青魚、海藻類、牡蠣、玄米などが中性脂肪値を下げる効果があるとされています。これらの食品には、ミネラルや食物繊維が豊富で血液をサラサラにする効果もあるとされています。

DHAやEPAも中性脂肪を下げるのに効果的

イワシ、サバ、アジなどの青魚に多く含まれるDHAやEPAといった成分も、中性脂肪を下げ血液をサラサラにする効果が期待されます。

ここで注意したいのが、DHAやEPAは加熱すると壊れてしまうこと。刺身など生で食すことで、多く取ることができます。

また、最近ではこうした成分が取れるサプリメントなども販売されています。なかなか改善しないと感じている方は、こうしたもので補ってみるのもよいでしょう。

 
 
ページの先頭へ
中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ!

Copyright (C) 2015 中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ! All Rights Reserved.