中性脂肪でお悩みの方に耳寄り情報をお届けします

きなり

きなり

1980円(初回特別価格)

DHA&EPA+セサミンEX

DHA&EPA+
セサミン
EX

4950円

極上クリル

極上
クリル

5400円

DHA・EPA

中性脂肪を減らすといわれるDHAとEPAの効果についてまとめました。また、DHAとEPAが含まれる食品についても紹介します。

DHAとEPAの効果について

記憶力や学習能力を高める効果があるとして一時期話題になったDHA(ドコサヘキサエン酸)。DHAにはこのほか、中性脂肪を下げる効果、善玉コレステロール(HDL)の維持、悪玉コレステロール(LDL)の抑制にも効果があるとして注目を集めている成分です。

ただし、DHAはとりすぎると善玉コレステロールまで減らす作用もありますので、バランスを考えて摂取することがポイントです。

一方、EPA(エイコサペンタエン酸)は中性脂肪を調整する効果があるほか、血液をサラサラにして血栓をつくらない、血管の収縮を抑えながら血圧を下げる、血管の老化を抑えて若さを保つといった効果があり、脳梗塞の予防にもつながると期待される物質です。

EPAは単に中性脂肪を減らすだけでなく、ある程度減るとその数値を維持する働きもあります。いわば、不要な脂肪の蓄積を防ぎ中性脂肪の基準値を守ってくれる成分なのです。このほか悪玉コレステロールを抑え、動脈硬化の予防も期待されます。

なお厚生労働省は、DHAとEPAをあわせて1日1g(1,000mg)摂取することが望ましいと推奨しています。

DHAとEPAが中性脂肪を減らすしくみ

DHA、EPAいずれも中性脂肪の代謝を促す作用があり、余分な中性脂肪をエネルギーに変換して消費を促してくれます。特にDHAには、脂肪の分解を促すリパーゼという酵素を作る働きを活性化される効果もあり、余分な中性脂肪をため込まないカラダづくりをサポートしてくれます。

また中性脂肪は肝臓で合成されますが、DHAとEPAはこの合成を抑える効果も認められています。加えて肝臓から血液に流れ出る中性脂肪の分泌も抑えるため、全身をめぐる中性脂肪の量を減らすことにつながるのです。

DHAとEPAが含まれる食品

DHAとEPAは、いずれも青魚に多く含まれる成分です。それぞれの成分を多く含む食品には、以下のようなものがあります。

◎DHAを多く含む食品
本マグロ、真鯛、ブリ、サバ、サンマ、イワシ、サケ、アジ、カツオなど

◎EPAを多く含む食品
イワシ、本マグロ、サバ、真鯛、ブリ、サンマ、サケ、アジ、カレイなど

※可食部100gに含まれる量が多い順に記載しています。

DHAとEPAは、厚生労働省が1日1000㎎の摂取を推奨していますが、マグロなら刺身で5切れほど、イワシやサンマ、アジなら1尾で摂取できる量です。

毎日青魚を食べることも難しいと思いますので、食事だけでは十分に摂取できないことも多いと思います。その場合は手軽にDHA・EPAを摂取できるサプリメントを服用することがオススメです。

DHA・EPAも効果的に摂取できる、中性脂肪を下げるおすすめサプリはこちら!>>

 
 
ページの先頭へ
中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ!

Copyright (C) 2015 中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ! All Rights Reserved.