中性脂肪でお悩みの方に耳寄り情報をお届けします

きなり

きなり

1980円(初回特別価格)

DHA&EPA+セサミンEX

DHA&EPA+
セサミン
EX

4950円

極上クリル

極上
クリル

5400円

クリルオイル

中性脂肪を減らすといわれるクリルオイルの効果についてまとめました。また、クリルオイルが含まれる食品についても紹介します。

クリルオイルの効果について

クリルオイルとは、ナンキョクオキアミという南極海に存在する生物から抽出される、天然の油脂素材です。

クリルオイルには、青魚に含まれている一般的なDHAやEPAよりも吸収率の高いリン脂質型のDHAとEPAが含まれています。リン脂質は体内の脂質と構造が似ていることからDHAとEPAの吸収率を促す効果があります。

また、魚油よりも酸化されにくく安定していることもクリルオイルの特徴。これは、抗酸化作用が期待されるアスタキチン酸を含んでいるからで、酸化して壊れやすいDHAとEPAの酸化を防ぎ、それぞれの働きをより効率的に促す作用があるのです。

中性脂肪を減らす効果以外にも、クリルオイルは生活習慣病の予防やPMS(月経前症候群)の改善、さらには脳の活性化などに効果があるとされている成分です。

クリルオイルが中性脂肪を減らすしくみ

クリアオイルに含まれるDHAとEPAには、中性脂肪の代謝を促す作用があり、余分な中性脂肪をエネルギーに変換して消費を促してくれます。特にDHAには、脂肪の分解を促すリパーゼという酵素を作る働きを活性化される効果もあり、余分な中性脂肪をため込まないカラダづくりをサポートしてくれます。

また中性脂肪は肝臓で合成されますが、DHAとEPAはこの合成を抑える効果も認められています。加えて肝臓から血液に流れ出る中性脂肪の分泌も抑えるため、全身をめぐる中性脂肪の量を減らすことにつながるのです。

なお、前述しましたが、クリルオイルは青魚に含まれるDHAとEPAより吸収率が高いため、中性脂肪へ働きかける効果が一般的なDHAやEPA(青魚に含まれている)よりも高いとされています。

クリルオイルはサプリメントで取る

クリルオイルは、南極海にすむナンキョクオキアミという甲殻類の生物に含まれる成分ですが、このナンキョクオキアミは、加工品として飼料や釣り餌に使用されているもので、人間の食用として市場に出回ることは、ほとんどありません。

このため、クリルオイルは日常の食事で摂取するというよりは、サプリメントで摂取するしかないということになります。

クリルオイルも効果的に摂取できる、中性脂肪を下げるおすすめサプリはこちら!>>

 
 
ページの先頭へ
中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ!

Copyright (C) 2015 中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ! All Rights Reserved.