中性脂肪でお悩みの方に耳寄り情報をお届けします

きなり

きなり

1980円(初回特別価格)

DHA&EPA+セサミンEX

DHA&EPA+
セサミン
EX

4950円

極上クリル

極上
クリル

5400円

ポリフェノール

中性脂肪を減らすといわれているポリフェノールの効果についてまとめました。また、ポリフェノールが含まれる食品についても紹介します。

ポリフェノールの効果について

ワインブームで一躍注目を集めたポリフェノール。そのいちばんの特徴は、抗酸化力にあります。加齢やストレスなど多様な要因から生まれる活性酸素を取り除き、老化を抑制したり生き生きとしたカラダを保ってくれたりといった作用が、ポリフェノールにはあります。

また、ひとくちにポリフェノールといってもさまざまな種類があり、一説には4,000種類ともいわれています。例えば赤ワインに含まれるアントシアニンというポリフェノールには、肝機能の活性化、心臓病や認知症の予防に効果があるとされています。

中性脂肪に直接働きかけるポリフェノールもいくつか発見されています。そのうち、ここでは「ウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP)」と「りんごポリフェノール」について紹介しましょう。

ポリフェノールが中性脂肪を減らすしくみ

ウーロン茶重合ポリフェノールは、脂肪の吸収を抑える働きがあります。すなわち、血中に中性脂肪を含ませないようにする作用があるのです。

中性脂肪の合成にかかわる酵素の活性化を抑える一方で、脂肪燃焼にかかわる酵素を活性化させる作用があるとのこと。すなわち、脂肪の吸収を抑制しながら、体内の脂肪を燃焼させる働きがあるのです。このほか、脂肪分解作用を促進する効果や中性脂肪を体外に排除する作用も確認されています。

りんごポリフェノールについても、中性脂肪値の上昇を抑える効果が最近になって臨床試験で確認されています。こちらも脂肪の吸収を抑える効果が期待されています。

ポリフェノールが含まれる食品

ウーロン茶重合ポリフェノールは、トクホ製品のウーロン茶をはじめ多くのウーロン茶に含まれています。

リンゴポリフェノールは、その名の通りリンゴに含まれるものです。特に皮の部分に多く含まれています。リンゴを食べるときはよく洗って皮のままかじるとポリフェノールもたくさん取れますよ。

ただし、ポリフェノールの1日あたりの摂取量としては少ないため、サプリメントなどを使うのも効果的です。

ポリフェノールも効果的に摂取できる、中性脂肪を下げるおすすめサプリはこちら!>>

 
 
ページの先頭へ
中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ!

Copyright (C) 2015 中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ! All Rights Reserved.