中性脂肪でお悩みの方に耳寄り情報をお届けします

きなり

きなり

1980円(初回特別価格)

DHA&EPA+セサミンEX

DHA&EPA+
セサミン
EX

4950円

極上クリル

極上
クリル

5400円

中性脂肪値が高くなる理由

中性脂肪値が高い人は、何が原因なのか。その理由をまとめています。

中性脂肪が蓄積されるメカニズム

まずは、中性脂肪が体内に蓄積されるメカニズムを把握しましょう。

人間のカラダを動かすエネルギー源は、食事などでとった糖質や脂質、タンパク質です。これらが肝臓に送られると、中性脂肪が合成されます。

中性脂肪は血液を通して全身をめぐり、臓器や筋肉を動かすエネルギーとなります。消費できなかった中性脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。これが過剰になると、肥満やメタボリックシンドロームになるのです。

中性脂肪値が高い原因

中性脂肪値が高い人に共通していることが

●バランスの悪い食生活
●運動不足
●ストレス
●飲酒、喫煙

などが挙げられます。すなわち、これらが中性脂肪値を高くする原因なのです。

バランスの悪い食生活

中性脂肪値が高くなる原因でもっとも多いのが、食べ過ぎやバランスの悪い食生活を送っているケースです。肉や揚げ物、卵などを多く食べる一方、野菜や果物が少ない食生活を繰り返していると、中性脂肪がどんどん体内に蓄積されていきます。

運動不足

中性脂肪をため込んでも、筋肉を動かす運動をしていれば消費されていきます。しかし、普段はスポーツをしない、あまり歩かないという人は中性脂肪をため込みやすいカラダになっていきます。

ストレス

実は、ストレスも中性脂肪をため込む原因の一つなのです。ストレスを感じることで自律神経やホルモンバランスが崩れると、体内の代謝が滞り中性脂肪値を上昇させるのです。適度にストレス発散をさせることも、中性脂肪値を下げることにつながるのです。

飲酒・喫煙

アルコールにも、中性脂肪のもととなる糖質が多く含まれています。また、アルコールを過度に摂取することで、中性脂肪を分解する酵素(リポ蛋白リパーゼ)の働きを低下させ、中性脂肪値が高くなるのです。喫煙は、赤血球と酸素が結びつきにくくなって血液がドロドロした状態になります。そこに中性脂肪が付着し、体内にため込みやすくなるのです。

こうした生活習慣以外にも、遺伝によってもともと高い人もいます。ただ、現代人の多くは生活習慣の乱れが原因で中性脂肪値が高くなる人が圧倒的に多いのです。

 
 
ページの先頭へ
中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ!

Copyright (C) 2015 中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ! All Rights Reserved.