中性脂肪でお悩みの方に耳寄り情報をお届けします

きなり

きなり

1980円(初回特別価格)

DHA&EPA+セサミンEX

DHA&EPA+
セサミン
EX

4950円

極上クリル

極上
クリル

5400円

血糖値の上昇

中性脂肪が多いと、血糖値を下げる役割を果たすすい臓の働きを阻害するようになり、糖尿病を引き起こすリスクが高まります。そのしくみについて説明します。

中性脂肪とインシュリンの関係

食事で取ったブドウ糖は、肝臓で備蓄されたり血液を介して全身をめぐり筋肉や臓器を動かすエネルギーになったりします。そして、余分なブドウ糖はすい臓から分泌されるインシュリンによって分解されます。

血中のブドウ糖が増えればインシュリンの分泌量も増加するのですが、インシュリンはブドウ糖の分解とは別に、もうひとつの働きをし始めます。

それが、肝臓で中性脂肪の合成を進めるという働きです。合成された中性脂肪は、体内に蓄えるようになります。

こうして全身の血糖値は下がるのですが、体内に蓄積される中性脂肪の量は増えていくことになります。

中性脂肪が増えるとインシュリンの働きを阻害する

蓄えられた中性脂肪は、エネルギーが不足している場合は燃焼されてエネルギーとなりますが、中性脂肪が燃焼されずに増え過ぎると、体のバランスを取るため分解しようと働くようになります。

その際、生まれるのが遊離脂肪酸という物質。この物質がインスリンの働きを阻害して、血糖値を下げる作用が弱まってしまいます。

働きを阻害されたインシュリンは、ブドウ糖の分解もできなくなります。そのため血糖値が上がり続けてしまい、糖尿病を引き起こすことに。

糖尿病になるとさらに中性脂肪が増える

血糖値を下げるインシュリンが働かなくなり糖尿病になると、中性脂肪はますます増えやすい体質になります。

理由は単純で、血糖値が高い状態は中性脂肪が生まれやすい状態であるため。中性脂肪の材料は、ブドウ糖などの糖質や脂質、タンパク質です。糖質が増えるということは、必然的に中性脂肪が作られていくのです。

また、インシュリンによって活性化されカラダの脂質の流れを調整するリポ蛋白リパーゼ(LPL)という酵素の働きが鈍くなり、中性脂肪が体内に蓄積されやすくなるのです。

このように、中性脂肪が増えることは、血糖値を上昇させるだけでなく、糖尿病をさらに深刻化させ、更に中性脂肪がたまりやすくなるという悪循環を生み出すことになってしまうのです。

この悪循環から逃れるためにぜひとも試してほしいのが、中性脂肪値の改善効果が期待できるサプリメントです。

サプリメントは手軽に摂取することができて、継続しやすいため、気長に頑張る必要がある血糖値や中性脂肪値改善のサポート役となってくれます。

血糖値の上昇を抑えてくれる
おすすめのサプリメントはこちら>>

 
 
ページの先頭へ
中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ!

Copyright (C) 2015 中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ! All Rights Reserved.