中性脂肪でお悩みの方に耳寄り情報をお届けします

きなり

きなり

1980円(初回特別価格)

DHA&EPA+セサミンEX

DHA&EPA+
セサミン
EX

4950円

極上クリル

極上
クリル

5400円

深刻な病気

糖尿病以外にも、中性脂肪が増えることで脂肪肝や動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などのリスクが高くなります。そのしくみについて説明します。

中性脂肪が多いと脂肪肝になるリスクが高まる

中性脂肪が増えることで引き起こされる病気は、糖尿病だけではありません。例えば、脂肪肝や肝硬変といった病気のリスクにもつながってきます。

中性脂肪は肝臓で合成されるのですが、これが増え続けると肝臓に中性脂肪をため込み続けることになります。つまり、脂肪の多い肝臓=脂肪肝となるのです。

さらに中性脂肪が増え続けて肝臓に蓄えられると、最悪の場合には肝硬変や肝臓がんを引き起こすことにもつながります。

動脈硬化や狭心症の原因にも

動脈硬化は、文字通り動脈が硬くなる疾患です。

中性脂肪が増えると血液がいわゆる「ドロドロ」な状態になり、血液の流れを阻害してしまいます。

また中性脂肪は、善玉コレステロール(HDLコレステロール)の働きを鈍くする作用があり、血管の内壁にコレステロールが蓄積されやすくなります。この状態は血液の流れが滞りやすくなるだけでなく、血管が硬くなって血栓ができたり、最悪の場合、無理な圧力がかかり血管が破れて危険な状態になることもあります。

さらに、心臓の動脈が狭くなって血液が十分に通わなくなると狭心症を引き起こす恐れもあります。

心筋梗塞や脳梗塞をもたらす原因に

動脈硬化が進行して血栓が生じると、心筋梗塞のリスクを高めます。また、この血栓が脳の血管に詰まって血液の循環が妨げられると、脳梗塞をもたらす原因となります。

中性脂肪が基準値より少し多くなったからといって、カラダの変化に気付くことはほとんどありません。初期症状は、軽い体調不良やカラダが重く感じる程度です。

しかし、この初期症状を放置したまま中性脂肪が増え続ける生活習慣を送っていくと、命の危険にかかわる重大な病気を起こす場合があります。

ちょっと高いからと軽視せず、バランスの良い食生活や運動を心がけるとともに、中性脂肪を抑える効果が期待されるサプリメントなどを取るようにして基準値内に抑えるよう努めましょう。

深刻な病気を引き起こす中性脂肪の増加を
防ぐためにオススメのサプリはこちら>>

 
 
ページの先頭へ
中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ!

Copyright (C) 2015 中性脂肪を下げるために今すぐ飲みたいサプリメントはコチラ! All Rights Reserved.